四十肩・五十肩

五十肩(四十肩)について説明させていただきます。
このような、肩の痛みや腕の痛みを感じることがありましたら、お早めに当整骨院、またはお近くの医療機関等にご相談下さい。放置されますと症状の悪化をまねく場合があります。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩ってどんな症状なの?

四十肩・五十肩ってどんな症状なの? 五十肩とは40歳以上の人から多く発症し、特に50歳代の人に多くみられる肩の痛みや腕の痛みです。
特にはっきりした原因がないのに肩から上腕部にかけて痛みがあり腕が上がらなく、手が後ろに回らなくなる症状の俗称で、医学的には肩関節周囲炎等といいます。
利き腕に関係なく発症し、まれに両側性に発症することもあります。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩の原因 老化で肩関節の周囲の軟部組織が滑らかに動かなくなり摩擦を生じて炎症を起こし、肩の痛みや運動制限が現れます。

肩をぶつけたりして外傷がきっかけで発症する場合もあります。

四十肩・五十肩の病期

疼痛性筋性けい縮期

症状が現れて憎悪する時期です。明らかな原因もなく発症する肩周辺の部分を特定できない漠然とした痛みで、痛みは一度現れると急速に憎悪することが多く、運動時痛や安静時痛が出現し、重症例では肩周辺から前腕部まで痛みを出し夜間痛のため睡眠が妨げられます。

筋性拘縮期

運動時の激痛や安静時痛が消失し症状が肩関節の拘縮に変わる時期で、痛みは緩和されているが運動制限は著しく、無理に肩を動かそうとすれば痛みが現れます。

回復期

拘縮が少しずつ改善し、痛みや運動制限も減少してきます。

四十肩・五十肩の治療

当院では、温熱療法、電気療法、鍼灸治療、マッサージや関節可動域訓練を行い、適切な運動療法を指導していきます。

疼痛性筋性けい縮期

この時期は重い物を持ったり腕を連続して使うようなことはせず、安静にすることが大事です。施術としては、肩の運動制限が著しいので積極的な運動療法はせず痛みを抑え、夜間痛を取り除くことが先決です。

筋性拘縮期

この時期になると自動性に運動療法をとりいれ、肩関節の可動域を広げることが大事です。

回復期

この時期になると筋性拘縮期よりもさらに積極的に他動性の運動療法をとりいれていくことが治癒への早道です。

フレーム下部

コメントは停止中です。

症状から調べる

腰痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 膝痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
腰痛の原因、それに対する対策法等の紹介
ぎっくり腰坐骨神経痛
膝痛(膝の痛み)の原因、それに対する対策法等の紹介
ランナー膝
首の痛み|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 スポーツ障害|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
首の痛み・肩・腕の痛みの原因、それに対する対策法等の紹介
むち打ち症寝違え四十肩・五十肩
スポーツ障害の原因、それに対する対策法の紹介
野球肘リトルリーグ肩オスグット病
テニス肘シンスプリント

上に戻る