むち打ち症とは、交通事故やスポーツ等で首や背中に外力が加わり、首が前後にムチのようにしなる事が原因で生じる首の痛みや肩の痛みのことです。
正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」等といいますが、首がムチのようにしなることから生じるので、"ムチ打ち症"(むちうち症)と呼ばれています。
このような原因で、首の痛みや肩の痛みを感じることがありましたら、お早めに当整骨院、またはお近くの医療機関等にご相談下さい。
放置されますと症状の悪化をまねく場合があります。

むち打ち症

むち打ち症ってどんな症状なの?

むち打ち症ってどんな症状なの? むち打ち症は、首の運動範囲を超えて、それ以上に伸展、屈曲されることで、首の関節や靱帯、筋肉などの軟部組織が傷ついて、首の痛みや肩の痛みなどが現れます。

むち打ち症の痛みの原因

むち打ち症の痛みの原因 発症原因としては、交通事故(車の追突事故等)により、むち打ち症を生じることが多いのですが、体操等のスポーツ障害として発症することもあります。

むち打ち症の分類

  • 頚部捻挫型のむち打ち症
  • 頚椎をとりかこんでいる筋肉や靱帯、関節包の損傷で主に頚部、肩、背中の疼痛、運動制限が現れます。
  • 神経根型のむち打ち症
  • 頚椎に歪みができると神経の通り道が狭くなり、頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みや頭痛、腕のしびれ、痛み、だるさ、筋力低下、知覚鈍麻、首や肩の関節の運動制限などが現れます。
  • バレ・リュー症候群型のむち打ち症
  • 背中を走っている後部交感神経を損傷したり、圧迫を受けると頭に行く血流が低下し、首の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

この三つの症状の混合型も多く見られます。

むち打ち症への対策

むち打ち症への対策 一般的にむち打ちは頚部だけの症状と思われていますが、痛みがなくても腰を損傷している場合が多く見られます。
このような場合、背骨の基本軸を安定させてから胸椎、頚椎と痛みを出している部分を調整することによって、むち打ち症状の緩和期間の短縮を図っていきます。当院では温熱療法、電気治療、鍼灸治療やマッサージなどを行います。

フレーム下部

コメントは停止中です。

症状から調べる

腰痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 膝痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
腰痛の原因、それに対する対策法等の紹介
ぎっくり腰坐骨神経痛
膝痛(膝の痛み)の原因、それに対する対策法等の紹介
ランナー膝
首の痛み|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 スポーツ障害|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
首の痛み・肩・腕の痛みの原因、それに対する対策法等の紹介
むち打ち症寝違え四十肩・五十肩
スポーツ障害の原因、それに対する対策法の紹介
野球肘リトルリーグ肩オスグット病
テニス肘シンスプリント

上に戻る