オスグット病

正式名称はオスグッド・シュラッター病といいます。
スポーツをする中学生や高校生に多く見られ、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎を指します。オスグッド・シュラッター症候群(オスグッド・シュラッターしょうこうぐん)とも呼ばれています。

オスグット病

オスグット病の原因

オスグット病の原因 多くの患者は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。
このため10〜15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。膝伸展機構は大腿四頭筋から膝蓋骨、膝蓋靭帯・膝蓋腱、脛骨粗面へと連続する。
スポーツ選手では膝伸展の反復により、これらの部分に牽引力が働き、膝蓋骨遠位端、膝蓋靭帯、脛骨粗面が弱点となり、ジャンパー膝、シンディングラーセン・ヨハンソン病などのように疼痛が起こる頻度が高い。X線でも骨端核の様々な乱れや遊離骨片の発生などが認められる。

オスグット病の治療

オスグット病の治療 治療法としては、まず、安静にすることが第一である。また医薬品などの治療も可能ではある。
しかし、現在は、リハビリなどを行う例が多い。キックやジャンプの動作は禁止し、理学療法を併用して対症療法を行う。大きな骨片が存在する場合には手術的に摘出することもある。
当院では急性疼痛が消失後、電気治療、マッサージを行い、関節可動域柔軟性の獲得の為、ストレッチングを指導します。

フレーム下部

コメントは受け付けていません。

症状から調べる

腰痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 膝痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
腰痛の原因、それに対する対策法等の紹介
ぎっくり腰坐骨神経痛
膝痛(膝の痛み)の原因、それに対する対策法等の紹介
ランナー膝
首の痛み|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 スポーツ障害|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
首の痛み・肩・腕の痛みの原因、それに対する対策法等の紹介
むち打ち症寝違え四十肩・五十肩
スポーツ障害の原因、それに対する対策法の紹介
野球肘リトルリーグ肩オスグット病
テニス肘シンスプリント

上に戻る