ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急性の腰痛の総称で、腰部、背骨の脇や臀部に痛みを生じたり、腰が曲げられない等の症状を呈します。このページでは、ぎっくり腰、について説明いたしておりますので、患者様の症状に思い当たることがございましたら、お早めに、当整骨院、またはお近くの医療機関等にご相談下さい。
放置されますと慢性化し、症状の悪化をまねく場合があります。
※症状については、決してご自身で判断なさらずに、必ず診断を受けるようにして下さい。

ぎっくり腰

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰イメージ ぎっくり腰は、重い物を持ち上げる等の動作、重労働や悪い姿勢を続けることにより、腰部、背骨の脇や臀部に痛みを生じ、腰が曲げられない、腰をそらす事が困難、寝返り時に腰に痛みを感じる、前かがみでしか歩けない等の症状が現われます。
腰痛の程度が、激痛であることも多くあります。ぎっくり腰の原因には、大きく分けて、仙腸関節の損傷と腰椎の損傷があります。ぎっくり腰は重い物を持ち上げる、腰を捻る等の動作により生じることも多いのですが、運動不足で筋力が弱ってきたり、重労働で筋肉が疲労していたり、デスクワーク等で、長時間いすに座りっ放しなどの悪い姿勢を続けることなどが原因で、ぎっくり腰を発症することもよくあります。
このように、ぎっくり腰は重い物を持ち上げたり、腰を捻る等の動作を行わなくても、筋肉等の疲労原因が重なることで、ぎっくり腰を生じ、朝起きるとまったく動けないというような発症のしかたもあります。

仙腸関節の損傷

骨盤の関節がロッキング(動きが制限される)と同時に背筋や腰方形筋などの筋肉や筋膜が損傷されます。

腰椎の損傷

多くは腰椎の4番、5番が捻じれると同時に背筋や腰方形筋などの筋肉や筋膜が損傷されます。痛みは腰部から臀部にかけて痛むことが多く、腰を伸ばすことができず、寝返りなどの 動作時痛が主な症状です。

ぎっくり腰の治療と対策

ぎっくり腰の治療と対策イメージ ぎっくり腰になった場合、痛む所を氷嚢などで冷やし、安静にすることが大切です。そして、すぐに治療することが、ぎっくり腰の早期の回復につながります。
放置しておくと慢性化することもありますので早期の治療をおすすめします。急性期を過ぎれば安静を主体として保存療法を行うのが原則で、当院では温熱療法、電気治療、鍼灸治療、マッサージなどを行います。筋力強化法や腰痛体操などの指導も行います。

フレーム下部

コメントは受け付けていません。

症状から調べる

腰痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 膝痛|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
腰痛の原因、それに対する対策法等の紹介
ぎっくり腰坐骨神経痛
膝痛(膝の痛み)の原因、それに対する対策法等の紹介
ランナー膝
首の痛み|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市 スポーツ障害|さいとう整骨院|茨城県牛久・龍ヶ崎市
首の痛み・肩・腕の痛みの原因、それに対する対策法等の紹介
むち打ち症寝違え四十肩・五十肩
スポーツ障害の原因、それに対する対策法の紹介
野球肘リトルリーグ肩オスグット病
テニス肘シンスプリント

上に戻る