お知らせ

鍼治療の効果とは??

今回は鍼治療の効果について説明します。
鍼治療の効果は内臓に対する効果、自律神経に対する効果など沢山ありますが今回は筋肉の凝りが原因の痛み(押されると痛い、動かすと痛いなど)に対する鍼治療の効果について説明します。

はり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の動きというのは全て骨についている筋肉が縮んだり伸びたりすることにより動きます。筋肉を動かすためにはエネルギーが使われますがこのエネルギーは筋肉を緩める時にも使われます。

激しい運動や繰り返しの動きによりエネルギーが沢山使われると筋肉を緩めるためのエネルギーが足りなくなり筋肉が硬くなります。この部分を動かすと筋肉に無理な力が掛かり痛みを発生させます。

また筋肉が硬くなると血管を圧迫して血流が悪くなりプロスタグランジン、ブラジキニンという痛みを生み出す物質が出されて痛みが強くなります。

 

鍼を刺すことにより刺した部分に血管を広げる物質が出て血流が良くなります。

血流が良くなることにより筋肉を緩めるためのエネルギーが供給されて筋肉が緩みます。
また痛みを強くさせていたプロスタグランジン、ブラジキニンなども回収されるため痛みが改善されます。

 

今まで鍼治療を試したことのない方もぜひこの効果を体感してみてください!!  岩瀬

 

 

 

 

 


症状から調べる

腰痛 膝痛
腰痛の原因、それに対する対策法等の紹介
ぎっくり腰坐骨神経痛
膝痛(膝の痛み)の原因、それに対する対策法等の紹介
ランナー膝
首の痛み スポーツ障害
首の痛み・肩・腕の痛みの原因、それに対する対策法等の紹介
むち打ち症寝違え四十肩・五十肩
スポーツ障害の原因、それに対する対策法の紹介
野球肘リトルリーグ肩オスグット病
テニス肘シンスプリント

上に戻る